婚活オトコ百科

ナナムラナナコの婚活ブログです。出会った男性の愉快な生態を紹介します。

商社マンのオトコ〜スマートな連絡先交換の巻〜

こんばんは!みなさま連休はどうお過ごしだったでしょうか?

この週末もわたくしは婚活に勤しみましたよー!計3人の男子と会い、合コンの日程調節を行い、ASKAのすぐ消されたブログを爆読したりしたよ!

3人の男子はそれぞれ独特で、また良いネタを仕入れてきたので(何しに行ったんだ)そのうち当ブログにも掲載します。

 

今回は「スマートな商社マン」青木さん(仮名)をご紹介します。 

======

あれは元彼が忘れられずうじうじしていた20代中盤の頃。(かなり前) 

お友達のミサちゃんから

「いい人がいるから紹介するよ!きっとナナと合うはず!」

と言われ、紹介を受けることにしました。

 

ミサは大学からの友人で、絵に描いたような「仕事のデキる女」であります。

f:id:nnnaaa00:20160106224620j:image何ヶ国語かしゃべれる

私の不幸な恋愛遍歴とマニアックな男の趣味をよく知る彼女は何かと男性を紹介してくれています。今だに。

ええ友達やでええ。。

(ただし1度も実ったことはない)

 

しばらく恋愛をお休みしていた私ですが、ミサの紹介となったら期待しないわけにはいかない!

当日、喜び勇んで指定されたお店に向かいます。お店に入るとミサと一人の男性がいました。 

近づいて話しかけようとしたその時私は見てしまった。

・・・おふたりは難しいお仕事の話を超スピードでしていたのです。

(注:2人は仕事上の付き合いはない。)

f:id:nnnaaa00:20160106224637j:imageなんか多分海外のマーケット的なものの話を・・

会話のなかに知らない横文字が激しく展開されていて、かなり面食らったのを覚えています。 

(こ…この2人はザ☆クレバーな会話をしている。。おらわかんねえだ…) 

私、ガクブル状態。

かなり近づき難かったんだけどボーっと見学しているわけにもいかず、おずおずと登場。

 

ナナコ「…ど、どうも、、はじめまして…」

ミサ「お!ナナじゃ~ん」

男性「はじめまして!☆」

 

紹介してもらったのは、某財閥系商社に勤める青木さん(仮名)というナイスガイ。

当時30歳。

少々ぽっちゃりしていて決してイケメンではありませんが、身のこなしや発声からしてスマートな感じでデキるオトコオーラが全身から漂っております。

これが…かの有名な商社マンというものか。。

かの有名な、丸の内OLやスッチーや女子アナを主食とするサバンナの肉食動物、商社マン。 

f:id:nnnaaa00:20160106224659j:image ショウシャマン★

キラキラした雰囲気に圧倒されてしまい

はじめはド緊張していた私ですが(今の私だったら1ミクロも緊張しませんが←歳老いたので)

ミサと青木さんはおバカな私にもついて行ける話をしてくれ、飲み会はかなり盛り上がり楽しい時間を過ごしました。

 

・・時間はあっと言う間に過ぎ、さて帰りましょうと店を出たのですがもはや終電がなく、タクシー帰宅になってしまった!

 

不覚!! 

すると帰る方向が同じ私に青木さんは

「送るよ!☆」

と申し出てくれ、一緒にタクシーに乗り込みます。

f:id:nnnaaa00:20160106224733j:image OKURUYO☆

同じタクシーで帰ることに一瞬身の危険を感じたものの、もう大人だし

万が一「ウチ寄ってきなよ☆」となっても持ち前の回避能力でサラリとかわせば良いかと思っておりました。

f:id:nnnaaa00:20160106224754j:image YOTTEKINAYO☆

そうなんです。

私の回避能力は高いのです。

生まれた時から「かいひ」「ぼうぎょ」がそれぞれ10ずつ上がるアクセサリをつけてますからね。

え、どのくらい高いかって?

ご存じの通り、通常の25歳くらいの女性であれば「かいひ」の値は「12」くらいですよね。

 

 私の場合は、

「6302」あります。

 ええ、「6302」です。

f:id:nnnaaa00:20160106224800j:image攻撃力は異常に低い

ざっと計算して一般女性の500倍の回避能力ということになります。

回避力が高すぎて、

戦うべきモンスターからもすべて逃げてしまいレベルが上がらないという困った特性があります。

低レベルクリアを目指しているわけではないのですが、実際そうなっています。

 

…何の話してたんだっけ? 

あそうそう、タクシーに同乗した話ね。

方向が同じと言っていましたが、青木さんのお家はお店からすぐの港区某所。

青木「ここだから☆」

イケてる感じでおっちゃんに指示しタクシーを止める青木さん。

 

ここで私は気づきます。

(そういえば紹介されたのに連絡先聞いてないわ!)

 

ナナコ「あの…れんらくさき…」 

そう言った瞬間、青木さんはスッと何かを取り出し、ペンでサラサラとサイン。

 

青木「はい!☆」

f:id:nnnaaa00:20160106224840j:image おおお

受け取るとそれは、名刺&手書きアドレス。

 f:id:nnnaaa00:20160106231150j:imageほにゃらら商事のお名刺

 

おいおいおい、渡し方イケメンすぎるだろ!

その名刺の持ち方!!ドラマでしか見たことないわ! 

青木「じゃあね☆連絡ちょうだい!」

私に1万円を手渡しタクシーを降りる青木さん。

f:id:nnnaaa00:20160106224900j:image ☆☆☆

 

…スマートである。

…そして、手慣れている。

…てか青木さんのマンションすげえ…

 

それは、トレンディドラマに出てきそうな、

入り口にコンシェルジュがいそうな、高級高層マンソンでありました。

(ここで肉食系女豹であれば「えーすごいおうち!見たい!」とか言って付いていくのかな…)

f:id:nnnaaa00:20160111134818j:imageオッパイ強調

とか思いながらしっかり帰途につく私。 

ていうか、青木さんの名刺の渡し方。。

  

これは手慣れたやつやでえ~~

飛行機の中でCAさんに渡し慣れている可能性があるでええ~ 

f:id:nnnaaa00:20160106224911j:image後で聞いたら過去本当にCAさんと付き合っていた

デキる商社マンというのは連絡先交換も、スマートなんですのね。

 ※これを覚えればキミも「なんかイケてる感」を出せるぞ!

 

その後青木さんとはおデートをしたのですが

それはまた次回。

チャオ☆

 

 ≪本日の学び≫

「名刺にサラサラッ」→「スッ」と出す

これで女は落ちる

(ただし一流企業にお勤めの方限定)