婚活オトコ百科

ナナムラナナコの婚活ブログです。出会った男性の愉快な生態を紹介します。

街で見かけたシリーズ「銀座で見かけたカップル」

こんばんは、ナナムラナナコです。

 

いよいよみなさん待ちに待った夏休みですね!

「全然休みじゃねえよ!」という働きマンなアナタ、お疲れ様です。 

 

私はどう過ごすかって?

実は、予定がいっぱいで困っているんですよね〜

フェスに行ってー、オシャンティなコテージで男女入り混じってリア充バーベキューをしたり

f:id:nnnaaa00:20160808004113j:plainBBQのイメージが乏しい

 

女友達と海に行ってチャラめな男の子たちにナンパされちゃったり

f:id:nnnaaa00:20160808004138j:plainスク水着た貧乳30代はいらんかねー(マニア受け)

 

その男の子と浴衣着て花火を観に行って、告白されてステディな関係になったりー

f:id:nnnaaa00:20160808004317j:plain「えっ何て言ったの?花火の音で聞こえないよ〜っ」てのがやりたい 

彼とパラオに行って泳いだり、夜は星空観ながらビール飲んだりしちゃう予定ー☆☆

 

 

 

 

・ ・ ん な わ け な い だ ろ

 

 

ご安心ください、すべて妄想です。

アタイ、休み中ずーーっと親と一緒だよ☆そしてまた何百回めかの「いつ結婚するんだ」プレッシャーに耐える日々。

独身30代女の夏休みなんてこんなもんですよ。。

 

 

さて、しんみりしたところで今回は番外編「街で見かけたシリーズ」です。

このシリーズはこれまで変なおじさんや男性を紹介してきました。

なぜかそこそこ好評です・・

↓興味のある方はこちら

 

こんな男性を紹介していると、さぞかしナナムラは男性の観察が好きだとお思いでしょう。

しかし私にとって一番心踊る存在は恋人たちなんですよね。カップルが大好きなんです。

 

電車のなかで良く見る、幸せそうなカップルのイチャイチャとか・・

f:id:nnnaaa00:20160808004653j:plain「ここでおっぱじめんじゃねえかこいつら」って思うときあるよね

 

男性がどうにか女性を落とそうと、ありとあらゆる手で頑張っているの観るのも好き。

銀座コリドー街や恵比寿や渋谷・六本木あたりはナンパ観察のベストスポットです。

カップルやナンパどころか、ご夫婦の所帯染みた会話や老夫婦の言葉少なめで成立する関係を見るも好き。

 

・・・とんだ出歯亀である。

 

しかし、近所の夫婦の生態や友達カップルのおつきあいが気になるかと言ったら、そこまで変に興味を持つことはありません。

私は知らない人達の性格や関係性を推測したり想像したりするのが良いようです。

f:id:nnnaaa00:20160808004727j:plain彼女はちょっと年上、同じバンドのライブで出会った2人。彼氏は無愛想だが、同じピアスをつけているあたりかなりラブラブと見た!付き合って半年で最近同棲を始めたのではないか?!」(すべて妄想)

 

答えがわからないので、ただ妄想するだけで終わりですが。

↓このあいだnoteにも同じことを書きました

(ただの日記です)カップルを見ているのが好き|ナナムラナナコ|note

 

カフェで私の隣りに座ってしまったカップルの方はご愁傷様ということで。。

 

今回出歯亀ナナムラがお送りするのは、街で見かけたカップルについてです。

大した話ではないですがどうぞー!

 

========

とある週末。

私は買い物しようと銀座に行き、お目当ての店に向かう途中であった。

梅雨明けした開放感からかザギンの街は幸せそうでおしゃれなカップルでごった返していた。

(もちろん私は一人。買い物なんてのは一人のほうがはかどるんだからな!)

 

ふと前方を歩いているカップルが目に入った。

ザギンには似つかわしくない、ビジュアル系ロックバンドのファンのような格好ーー黒Tシャツと黒パン、腕にはリストバンド、髪の毛の束感がすごい(要するに固めている)男性と女性であった。

2人ともおそらく30代。そこそこ良い大人である。

後ろから見た感じはなかなかのぽっちゃり系。

f:id:nnnaaa00:20160808005200j:plain全身黒。2人とも黒い布のトートバック持ってる。

 

特に女性はぽっちゃりの枠に収まりそうもない巨漢。非常に強そうであった。

どのくらい強そうかというと、メイプル超合金のなっちゃんのようなオーラを漂わせている。

f:id:nnnaaa00:20160808005352j:plainブパパブパパ(画像を貼りたいだけ)

戦闘力はおそらく5000を超えるだろう。ナッパくらいは倒せる計算だ。

f:id:nnnaaa00:20160808201332j:plainナッパ多分4000くらい

 

こういうカップルは渋谷や新宿ではよく見るタイプだが銀座では珍しく、ただ歩いているだけでも目立っていた。

何しにきたんだろう。映画かな?と推測を始める私。

 

すると、カップルが何かを落とした。

 

財布である。

f:id:nnnaaa00:20160808005441j:plain財布なのである。

 

あらら・・と思い駆け寄ったところ、前を歩いていた綺麗なお姉さんがそれを拾ってカップルに届けようとした。

こちらは銀座っぽいお姉さんである。

f:id:nnnaaa00:20160808005550j:plain戦闘力は2くらい。

 

しかしカップルは気づかず、さらに物を落としていった。

定期入れ

携帯

小銭

 

おいおいおいどうしたんだ。ヘンゼルとグレーテルか。

普通気がつくよね?『小銭が落ちた時の音は最も人が気がつく音だ』って言うよね?

 

親切なお姉さんはそれらも拾ってカップルに渡そうとする。

・・が、駆け寄ったお姉さんの動きが止まった。

 

男性が、首根っこをつかまれていた。

 

つかまれてブンブン振り回されているのだ。

それで男性のポケットからいろいろなものが落ちていたのである。

 

黒服ぽっちゃりカップルは、盛大にケンカをしていたのだ。

殺しちゃうんじゃないかというほどの殺気!!

f:id:nnnaaa00:20160808005736j:plain何か彼にしか聞こえないような声で怒りの言葉をぶつけている

 

しかし、男性もふてぶてしい態度で彼女の手を振り払う。

さらに戦闘力を高めた彼女は、またもや男性の首根っこを強く掴んだ。

 

スカウターが爆発してしまう!

 

f:id:nnnaaa00:20160808221328j:plainザーボンさん、行きますよ・・!

 

ひええー

真っ昼間にお上品な銀座の街中で、単なる言い争いではなく暴力的な喧嘩を・・

 

あまりの剣幕に近くで聞き耳を立てることはできなかったのだが、どうやら男性が何かやらかしたということはわかる。

なんだろう。浮気だろうか・・

にしてはあのふてぶてしい態度。ムカつく彼氏だ。

 

今にも殴りそうな勢いで彼氏の首根っこを掴みブンブン揺らすなっちゃん。

f:id:nnnaaa00:20160808005812j:plainもはや戦闘力はベジータ並み!

 

ふてぶてしい態度で謝ろうとしない彼氏。

f:id:nnnaaa00:20160808005848j:plain表情がすごくムカつく

 

その近くに立ち尽くす、きれいで親切なお姉さん。まだ財布や定期入れなどを持ってあげている。 

f:id:nnnaaa00:20160808201905j:plainおお・・じゃないよ止めなさいよ

・・そして3人をじっと見つめる顔色の悪い貧乳女(俺だ!)

 

現場には変な空気が漂う。

f:id:nnnaaa00:20160808202049j:plain西暦2016年、これが後の東京湾海戦に繋がる衝突「四つ巴の争い」であった・・

 

彼らはすごい剣幕で言い争っていたのだが、ずっと見学しているわけにはいかない。見つかってなっちゃんの殺気がこちらに向いたら大変だ。

私の戦闘力はプーアルくらいなので、ビッグバンアタックで木っ端微塵である。

後ろ髪を引かれながらもお目当ての店に向かった。

綺麗なお姉さんも、無理やり喧嘩カップルに落し物を渡し去っていった。

 

・・・

 

買い物の間、私の頭からは2人が離れなかった。

普通はあんなに殺気に満ちた顔を人前で晒すことはない。子供同士ならいざしらず、シラフの大人は外であんな喧嘩をすることはない。

会社で同僚と言い争ったとしても節度を守るし、酔って友達と喧嘩になったって殺気は出ない。

ああいう殺気が人前で出せるのは「カップル」もしくは「夫婦」だけだ。 

 

喧嘩だけではなく、カップルは「周りが見えなくなっている」ことが非常に多い。

夜中のJRの改札前を見て欲しい。

良い歳の大人なのに抱き合ったりチュッチュキスしているカップル、ウダウダ泊まるかどうかを駆け引きするカップル、口論するカップル、別れを惜しんでずーーっと見つめ合うカップル。

酔っているのかもしれないが、それにしても恥ずかしいくらい2人きりの世界に行ってしまっている。

恋によって、羞恥心は消えるのだということがよくわかる。

f:id:nnnaaa00:20160808202606j:plain再掲

恋が及ぼす脳への影響は凄まじい。

このあたりを中野信子先生に詳しく聞きたいところである。

 

 

・・さて話を戻そう。

あの喧嘩カップルの行く末を案じながらも、2時間ほどがっつり買い物をした私。

さあ帰ろうと駅に向かう途中、先ほどの喧嘩現場のそばを通りがかった。

ナナコ「(あー、さっきのカップルは仲直りしたかなー?)」

 

そんなことを考えながら歩いていると、何やら黒い不吉なオーラが道の端っこから・・

 

!!

 

f:id:nnnaaa00:20160808212102j:plain黒い固まりがー!

 

なんと、あのつかみ合いカップルは全く同じ場所にいた。 

カンカン照りの日差しの下、2人は沈黙して座っていた。

変わらず険悪なムードである。

f:id:nnnaaa00:20160808212154j:plain苦行!

 

当たり前だがぽっちゃり体型かつ太陽光を集める黒い服を着た2人、サウナにいるがごとく汗だくである。 

ナナコ「(・・カフェか何かに入ればいいのに・・)」

  

しかし、どこかで見た光景だ。デジャヴ、デジャヴを感じるよ。

この人たちに限らず、大きな駅や繁華街ではこうやって道端に座り込んでしまう「喧嘩中のカップル」を見かけることがある。

そして、皆同じく遠い目をしている。

f:id:nnnaaa00:20160808213734j:plainデジャヴ!!

 

・・というかこの人たち熱中症になるんじゃないか?

心配だったがかき氷の差し入れをするわけにもいかず、かといって「室内に入りなよ」なんて言ってもただのお節介ババアである。なっちゃんにビッグバンアタックで(以下略)

 

私はその場を立ち去るしかなかった。

2人の幸せを祈るばかりである。

 

 

《本日の学び》

街中で喧嘩も良いですが、真夏は室内に入りましょう。

死んでしまいます。