婚活オトコ百科

ナナムラナナコの婚活ブログです。出会った男女の愉快な生態を紹介します。

街コンで出会ったオトコたち〜その1〜

こんばんはナナムラナナコです。

みなさまお元気ですか?久しぶりの更新です。

 

暑いですね〜!もう季節は夏。

花火だバーベキューだと世間は浮かれていますが、私は家でパピコチューチュー・・ではなくもずくチューチューしております。酢を入れると身体が元気になるねぇ〜

外なんか出てられるか!

 

《告知》

LINEクリエイターズスタンプを作ってみました!

f:id:nnnaaa00:20170702213229p:plain

テレビ(ニュースCROSS)でLINEクリエイターズスタジオというアプリの紹介をしていて、簡単にできるというので試しに・・

思っていたよりも簡単に作ることができました!

絵柄はこのブログで使ったイラストだけを使っています。これまでに出た伝説的な(?)オトコたちを採用しました。

クオリティはかなり低めで使い勝手もかなり低めですが(ダメじゃないか)、とりあえず作れたという事実に満足。使ってみたいという奇特な方がいればぜひ。

※スタンプショップ「ナナムラナナコ」でさがしてみてね

f:id:nnnaaa00:20170702232454j:plain使用例

 

さて、数えてみたらこのブログの記事数は100を超えていました。

これまで色んな婚活体験談を紹介してきましたが、今回は「街コン」に行った時の話をしようかと。

「街コン」昔何度か行きました。

しかし最近あまり聞かないですね。今も開催されているんでしょうか?

少し前はどこの自治体も街コン街コン言ってましたが・・出会いを求める男女が相席屋などに流れてしまったんでしょうかね?

 

今回は「街コン」というものが流行りだしたウン年前。横浜の大規模コンに行った時のお話です。

長くなりそうなので複数回に分けて紹介していきます。

まずはその1をどうぞ!

 

=========

あれは約7〜8年くらい前のお話・・

 

どうやら巷では「街コン」というものが流行り出しているらしい。

マチコン・・渡辺真知子でもなく、まいっちんぐマチコ先生でもなく「俺たちの街においでよスーパーコンパ」の略である(嘘)。

婚活パーリーよりカジュアル、しかし規模ははるかにでかい。

合コンよりお得にたくさんの男性と出会え、さらにその地域の美味しい飲食店でご飯が食べられるらしい。。

 

そんな噂を聞きつけた私は、期待に貧乳を膨らませ、何かのサイトで紹介されていた街コンに申し込み!

2人以上でないと参加できない決まりがあったので、強力なサポーターを呼んだ。

当時めちゃめちゃ一緒に合コンに行っていた、恋愛と婚活の師匠でありモテる女「バニ美」である。

f:id:nnnaaa00:20170707214204j:plain久々の登場

 

《街コンを知らない人のために説明するよ》

街コンというのは地域の飲食店を廻りつつ出会いも生まれる一大イベント。その地域の自治体が開催していることが多いよ。

地域の飲食店が潤い経済が回り、カップルもできるからおのずと出生率も上がる、非常にお国のためになるイベントだよ!

 

向かった場所は横浜。

数千人規模の街コンである(当時メディアでも随分取り上げられていたから覚えている人も多いはず)「横浜街コン」へいざ出陣。

 

会場となる横浜某駅に着くと、そこには出会いを求める男女がアリの大群のように、コミケの開場を待つオタのように、押し寄せていた。

男子2000人:女子2000人。確かそのくらいの規模だったと思う。

かなりの大人数。

そのくらいたくさん人がいれば、この貧乳老け顔のワタクシにも相手が見つかるだろう!

何という短絡的楽観思想。言い方を変えると前向きバカ。

確かに、私は良い男性と巡り会えることを期待していた。

 

受付は男女に分かれて長蛇の列。

f:id:nnnaaa00:20170707225409j:plainひどい絵

私とバニ美は、並んで待っていた。

列に並ぶ男性たちをじーっと見つめてみる(怖いわ)。ふむふむ。真面目そうな人からチャラそうな人まで、色々な種類の男性がいるなあ。

思っていたよりまとも?な人が多くてよかった。

ホッと貧乳をなでおろすナナコと、巨乳のバニ美。

 

すると、ぬっと黒い影が現れた。

む・・この影は・・邪王炎殺黒龍波か!??

f:id:nnnaaa00:20170707230214j:plain邪眼の力をなめるなよ!!!

 

・・という厨二精神はさておき、目の前には大きなビデオカメラと女性が立っていた。レポーター的なお姉さんが、こちらをみている。

お姉さん「あのー」

ナナコ&バニ美「な、なんですか?」

は、話しかけてきたよ。どうしましたかね?

 

お姉さん「良かったらインタビューさせてもらえないですかー?」

 

ナナコ&バニ美「・・えっ!?」

 

しまった!!道でも訊かれると思ったアタイがピュアだったよ!

この会場には確かに出会いを求める女の子がたくさん来ている・・が、バニ美のような激可愛い女子はあんまり見当たらない。

 

しまった。

・・バニ美がマスコミを呼んでしまった・!!

さすがとしか言いようがない。

 

それもそのはず、当時は街コンが流行り出しテレビでも多く取り上げられていた。大規模街コンは格好のワイドショーまたは夕方のニュースネタだったのだ。

見世物にすんじゃねえ!

レポーター「ほら、こんなに綺麗な人も参加してるんですよーって紹介したいんですよ!今日はどこから来たんですかー?」

お姉さんはビビットのレポーター上路さんのようなガッツで矢継ぎ早に質問しようとしてくる。

f:id:nnnaaa00:20170707231837j:plain嵐でもめげない上路さんのガッツ

 

ナナコ&バニ美「ちょ、待って、ダメダメダメ!!!!」

パパラッチに囲まれたジャスティンビーバーのように、ブリトニーズピアーズのように、嫌がるバニ美と私。

ちょっと!マネージャーを通してくださる?

レポーター「だってこんなに綺麗なんですもーん、ぜひ出てもらいたいなーと思って!ね、少しだけ、ね?どこでこの街コンを知ったんですかー?」

恐るべしマスコミ!完全に拒絶反応を示しているのに全く怯まない。

今にもバニ美に向けてカメラをオンしそうな按配だ。

ナナコ&バニ美「ダメですダメです!写りたくない!!」

必死に顔を隠すバニ美。

そしてなぜか便乗して顔を隠すナナムラ。

きっとカメラマンさんは「お前は映さねえよ」と思っていたであろう。。

 

さて、 上路さん(仮)の猛攻をかわした我々は早速最初に指定された居酒屋へ向かった。

 

<説明しよう>

街コンは、最初に行く店を指定される。そこで説明を受けたりすることが多い。

その後は渡された地図を見ながら、街コンに参加している飲食店から好きな店を回ることができる。

その日はリストバンドをつけていればどの店も入れ、格安で飲み物+おすすめの一品を頼める仕組みになっていた!!なんという天国。

 

地図を見ながら店に向かう。

2人で歩きながら町並みを見ると、どうやらこのあたりの飲食店は、普段は少々厳しい状況にあるようだった。

うーん、街コンをやることで若い子をこのあたりの飲食店に誘致したいんだなあ・・とボーッと自治体の財政状況に考えを及ばせていると

男の声「ねえねえ〜そこの2人」

後ろから男性の声が聞こえ、私とバニ美は振り向いた。。

と、そこにはいわゆる

 

『チャラくなりたいけどなれていないオトコ』 

 

が2名立っていた。

f:id:nnnaaa00:20170707232506j:plain目を合わせてくれない

 

「チャラくなりたいけどなれない」とは失礼な言い方かもしれないが、そうとしか言いようがない。

世の中のチャラ界には、「本当にチャラい奴」と、その周りで取り巻きをしている「チャラくなりたいけどなれない」男性がいる。

特に大学に入りたてや社会人になりたてのフレッシュマンの中には「なりたい族」がたくさん現れる。

勉強とかスポーツとか仕事とか別の方法で勝負すれば良いのに、必死にナンパしたり、テニサーに入って女の子を酔わせて持ち帰ろうとしたり、チャライベントに参加したり、あれやこれやの手でモテてやろう(いや、ヤってやろう)と必死なのである。

まれに、学生のとき思うように遊べなかったアラサーアラフォー(もしくはそれ以上)が急にチャラくなりたい族に変身することがある。

そのままピュアな自分を貫けば良いのに、見ていると心が痛む。

 

私たちに声をかけてきた2名はまさにその部族であった。慣れない様子で必死に話かけてくる。

男A「ねえ、2人で来たの?」

男B「あ、あの、後で落ち合って一緒にお店に入らない?」

ナナコ&バニ美「・・・(これは、ナンパか?)」

 

周りを見渡すと、あの人もこの人もリストバンドを着用している。フェス会場の中のような雰囲気。

そして店に行く前から、ナンパしている人が・・結構いるー!!

 

さながら横浜の街は、初心者OKのナンパ場と化していた。いや、ナンパ練習教室とでも言おうか。

ただ、あまりナンパ慣れしているような「真のチャラ族」は見受けられなかった。

そりゃそうだ、いくらみんな出会いを求めて訪れているからと言って、これは街コン、女性陣だってまずはお店に入りたいのである。 

ここに来ているからって全ての女性がチャラチャラ話しかけられたいわけじゃないよ?

私たちは一刻も早く酒を飲みたかったので、ナンパ練習中の男子に別れを告げ店へと向かった!

 

>>続く

 

 《本日の学び》

街コンに可愛い女の子と一緒に行くと、レポーターやナンパ初心者に捕まる 

 

こちらもおすすめ