婚活オトコ百科

ナナムラナナコの婚活ブログです。出会った男性の愉快な生態を紹介します。

婚活怪奇ファイル〜お食事編4〜「伸びたアレとヒゲ」

こんばんは、ナナムラナナコです。

最近の私のトピックスは、何と言っても「こち亀終了」でございます。。

 

ジャンプを開くとこち亀が必ず連載していて、毎回絶対に笑えるという安心感。

いつも超名作に囲まれて、あまり有り難みに気がついてなかったけど、黄金期もそうでない時もジャンプの人気を支え続けたのはこち亀だよなと。

いやあ寂しい。

www.j-kochikame.com

・・とかなんとか言ってたら上記公式サイトで両さんに怒られました。

f:id:nnnaaa00:20160911122149p:plain上記サイトより

 

ご、、ごめんなさい。。 

私たちだって大っぴらに公言しないだけでこち亀が好きだったんだよ?

言い訳すると、女性はなんか公衆の面前で(特に合コンでマンガの話になったとき!)「こち亀好き」って言いにくいんですよね。

 

「こち亀好きです!

”天ない”の晃より中川、

”ときめきトゥナイト”の真壁くんより本田、

”アオハライド”の洸よりボルボが好き!」

 

・・って絶対に引かれるじゃないか。

ちなみに私は中川がたまーに壊れる回があるんですが、それが好きです。何度読んでも笑える。というかもう中川の顔を見るだけで笑える。

ファンの方こちらをどうぞ↑

最終回がどういうストーリーになるのか、楽しみだけど寂しいですね。

 

さて今回も「婚活怪奇ファイル〜お食事編〜」の続きです。ごはんに関する事件ってよくよく思い出すとたくさんあるなあ。

これまで3回にわたって食欲がなくなるような内容をお届けしましたが、今回も多分に漏れず食欲にダメージを与える小ネタです。

ずっと読んでたらダイエットになるかもしれないよっ

では短いですがどうぞ〜

 

==========

 

合コンで起きた出来事。

渋谷のおしゃれ居酒屋で行われた3:3くらいの小規模合コンで、私たちはワイワイと会話を楽しんでいた。

男女ともに割と社交的なタイプが集まったおかげか、つつがなく会は進行していく。

しかし1人、会話に入れていない青年「林くん(仮名)」がいた。

林くんは男性陣のなかで一番若く28歳のSEで、とても人見知りであった。

そしておしゃれとは言い難いタイプ。

なかでも女性陣の目を釘付けにしたのは長めのヒゲである。

f:id:nnnaaa00:20160911212552j:image○ウム真理教信者みたいな…

 

個人的にヒゲのある男性は好きなのだが、林くんのそれは「適当に伸びた」感が非常に強く、いわゆるおしゃれヒゲとは違う様相であった。

無造作のレベルを超えている。

敢えてこち亀のキャラクターで言うと日暮熟睡男。

4年間寝続け、超能力が使えそうな髭の伸び方なのである。(どういう伸び方だ)

f:id:nnnaaa00:20160911193925j:plainおぴょぴょ

 

なぜ整えていないのか?

もしかしてポリシーがあってそのヒゲになっているのか?

要するに林くんは、人見知りで謎のヒゲを蓄えたどっからどう見てもモテなさそうなタイプということだ(ごめん!林!)

少々無口で、控えめな微笑みを浮かべながら皆の話を聞いている。

f:id:nnnaaa00:20160911212705j:imageがんばれ!てかまずヒゲをトトノエロ!

 

何か話を振っても「はあ・・」みたいな小さい反応しか帰ってこない。

仕方ないので林くん以外の2人と会話を続ける。

 

と、そのときいわゆる”合コンで盛り上がる料理”「チーズフォンデュ」が現れた!

f:id:nnnaaa00:20160911201305j:plainキャーキャー

 

女子が大好きなチーズフォンデュさんだ!

パンやベーコン、野菜など、思い思いの具材にチーズをつけてふーふーしながら食べる私たち。

「やっぱりソーセージは間違いない!うまい!」

「このキャベツの小さいのみたいの何?」

「さすがにこれはチーズと合わないんじゃない〜?」

などなど会話が弾む。

 

さすがチーズフォンデュ様じゃ!

合コン盛り上がりフードNo.1じゃ!(バーベキューと一位タイ)

みなの者、チーズフォンデュ神を崇めるのじゃー!

f:id:nnnaaa00:20160911213010j:image謎の精神状態

 

実は潔癖な私には初対面の人たちとのチーズフォンデュは少し抵抗があるのだが。。

頑張って食べないとね…

 

みんなでチーズを囲みワイワイ話していたのだが、無口な林くんはその話に入ってくることができない。

黙々とチーズフォンデュを食べているようだ。

 

・・ふと静かな静かな林くんをみると

 

!!

 

白い糸のようなものが彼から垂れさがっていた!

f:id:nnnaaa00:20160911213041j:image尊師!謎の御毛が伸びております!!

 

伸びたズーチーが、彼のゲーヒーから垂れていたのだ。

 

その状態を発見し固まった私につられ、全員が林くんを見る。

男性陣もフリーズ。

f:id:nnnaaa00:20160911214723j:image揺れてるよ!

 

なぜ注目が集まっているのかわからずニコっとする彼。。

 

林くんのヒゲにぶら下がるチーズは、

ハエ取り紙のようにエアコンの風に揺られブラブラしてはいたものの、

雪山のロッジの屋根から垂れるつららの如く白く輝き、

山口県の日本三大鍾乳洞「秋芳洞」の黄金柱の如く、皆を畏怖させる力を放っていた。

f:id:nnnaaa00:20160911214715j:imageズーチー尊師!!

 

・・要は誰もつっこめなかったのだ。

なぜか、言えなかった。

あの笑顔に水を差せなかったのだ。

 

その後。

しばらくしてからズーチーはみずから彼のヒゲから落下した。

f:id:nnnaaa00:20160911215017j:image誰か取ってやれよ・・

 

その後、ズーチー尊師こと林くんは誰ともロマンスが生まれることはなかった。 

チーズフォンデュは盛り上がる料理だが、ヒゲが伸びている人にとってはハードルの高い食べ物なのであった。。

 

 

《本日の学び》

食べ物は時に婚活している我々に牙を剥く。気をつけよう。